あーゆあらについて

あーゆあら

明日を夢見て新たに

少しずつ成長していくお子様の明日を夢見て新たな可能性にチャレンジしていくという想いを込めて施設の名前を「あーゆあら」と名付けました。

児童発達支援・放課後等デイサービスのあーゆあらは、0歳から18歳までの障害児を対象としています。

お子様が、障害者としてではなく、ひとりの人間として社会で生きていくには、お子様の個性が「わがまま」として認識されてしまうことがあります。

自由な時間は必要です。のびのびと楽しく過ごす時間も大切です。

ただ、それだけでは生きていけません。

自由奔放(わがまま)と、表現の自由とは別物であることを区別できるよう、少しずつマナーやルールを、少人数から経験しながら成長できるよう、お手伝いできたらと考えています。

お子様のできることから、少しずつ難易度を上げた課題を取り入れることで、できることを増やしていきます。

何でもご相談ください。

障害を持っているお子様の日常生活に特化した施設のあーゆあら

1.ほめる!

お子様の小さな「できた!」を見逃さないように、ほめていきます。

例えば、挨拶がしっかりできた、手を洗うことができた。

このような日常の小さなことでもほめることによって、お子様自身が、良い行動をしているんだ、と自信を持てるようになります。

ほめられるためにチャレンジしようという気持ちが芽生えていきます。

そんなお子様たちの積極性を育んでいきます。

2.連携をとる!

それぞれの場所でバラバラな対応をとっていては、お子様が混乱してしまいます。

全ての場所で連携を取り、情報の共有をすることに努めます。

お子様の特性を理解しあい、同じ目線・目標をもって支援を進めていきます。

色タッチ

宿題

ランタン

習字

ステンドグラス

ゆあらキッズファーム

オセロ

掃除

etc...

機能訓練として、粗大運動と微細運動を偏りがないようにプログラムに導入しています。

管理者 兼 児童指導員:武田

ダウン症の弟がきっかけで、福祉の仕事を始めました。

弟を含め、障害児が自立へ向けて少しでも前に進めるように、日々お手伝いをしています。